8月29日「4分33秒(4’33” in my house)」初演-日常のすべての音が音楽である-

8月29日は、1952年に作曲家であるジョン・ケージが作曲した「4分33秒」が、ピアニストのデヴィッド・テューダーにより初演された日です。

4分33秒間の無音という演奏です。

楽譜には、楽章を通して休止することが指示されており、演奏者は舞台に登場してからは楽章の区切りを示すこと以外は楽器とともに何もせずに過ごし、一定の時間が経過したら退場します。
「4分33秒」というのは、3楽章から成り、初演時の合計の所要時間が名前の由来です。

第1楽章を33秒、第2楽章を2分40秒、第3楽章を1分20秒で初演されました。
演奏会場内外の雑音や鳥の声、風の音など、空間に響く音を聴くものとされています。

ケージの本作品の名言で
「演奏はいつでもできるのに、それは演奏されたときにしか生き始めないこと」
と言っています。

そんなジョン・ケージに捧げます。

◆金藏直樹(編曲)
https://naoki-kanekura.com/

#ジョンケージ #弾いてみた #癒し

この記事を書いた人