【福島の作曲家が弾く】NHK朝ドラ「エール」より『暁に祈る(伊藤久男・山崎育三郎)』藤堂先生(森山直太朗)に捧ぐ(第75話:9月25日放送)

暁に祈る
作詞:野村俊夫(村野鉄男)
作曲:古関裕而(古山裕一)
歌:伊藤久男(佐藤久志)

福島県の作曲家「古関裕而」をモデルとしたNHK連続テレビ小説『エール』(窪田正孝さん主演)第75話で登場。

陸軍から愛馬精神を啓蒙する音楽を依頼された裕一は、鉄男(中村蒼さん)と共に故郷福島に帰省しました。

福島に到着した二人は、恩師の藤堂先生(森山直太朗さん)と再会し、そこで戦争に出征するということを告げられました。

作詞を諦めていた鉄男は、「俺のことを思って、書いてみてくれないか」という藤堂先生の願いを聞き、鉄男は「暁に祈る」の作詞を完成させました。

ついに念願の、作曲:古山裕一、歌:佐藤久志(山崎育三郎さん)、そして作詞:村野鉄男からなる“福島三羽烏”の楽曲が完成しました。

【演奏&アレンジ】
金藏直樹
https://naoki-kanekura.com

【関連】
・NHK連続テレビ小説『エール』
https://www.nhk.or.jp/yell/

【映像・写真撮影】
株式会社スマイルピクチャーズ
https://suma-pic.com/

#朝ドラ #エール #nhk

この記事を書いた人