【福島の作曲家が弾く】NHK朝ドラ「エール」より『長崎の鐘(藤山一郎・柿澤勇人)』(第95話:10月23日放送)

長崎の鐘
作詞:サトウハチロー
作曲:古関裕而(古山裕一)
歌:藤山一郎(山藤太郎)

福島県の作曲家「古関裕而」をモデルとしたNHK連続テレビ小説『エール』(窪田正孝さん主演)第95話で登場。

裕一は、映画「長崎の鐘」の主題歌制作のために、長崎を訪れました。

長崎の鐘を書いた永田医師(吉岡秀隆さん)が、原爆投下後に患者を治療した現場を訪ね、 永田医師の妹のユリカ(中村ゆりさん)から当時の話を聞きました。
永田医師の「どん底に大地あり」から、「希望」という答えを導き出し、列車の中で一気に曲を書きあげました。

裕一は「長崎の鐘」を、戦争で慰問に行った山藤太郎(柿澤勇人さん)に歌を願い、長崎の鐘がレコーディングされました。

【演奏&アレンジ】
金藏直樹
https://naoki-kanekura.com

【関連】
NHK連続テレビ小説『エール』
https://www.nhk.or.jp/yell/

【映像・写真撮影】
株式会社スマイルピクチャーズ
https://suma-pic.com/

#朝ドラ #エール #nhk

この記事を書いた人