先日、私が楽曲アレンジを手掛けております福島県白河市に伝わる「五箇音頭(編曲:古関裕而さん)」の合唱のレコーディングを五箇中学校で行いました。

歌ってくださったのは、五箇中学校在校の生徒の方々でした。

中学生とのレコーディングは初めてで、思春期と言うこともあり、いつも接している幼稚園や保育園の園児と比べて、皆、緊張されていました。

ただ、こちらの要望にはしっかりと答えてくださり、反応を投げ掛ければ投げかけるほど、緊張の壁が壊れて行く様子がわかりました。

レコーディングが終わった時、その緊張が緩んだせいもあり、皆さんからは安堵の笑顔が見られました。
その笑顔がとても純粋無垢で、未来を作っていく子供たちの為にも頑張らなければならないと感じました。

更に、先生方も参加してくださり、五箇中学校全員の素晴らしい歌声を録音することができました。

五箇中学校のブログにもレコーディングの様子が載っておりますので見てみてください。

https://shirakawa.fcs.ed.jp/blogs/blog_entries/view/517/b4d2e92997225efc77f316bc15a64923?frame_id=230

五箇音頭のレコーディングが終わりましたので楽曲制作も大詰めです。

これから音を細かく調整していくミックスダウンという作業に入ります。

1日でも早くご披露できるよう頑張ります!