音楽で意見を伝える【広島長崎原爆投下・レバノン大規模爆発事故・福島県郡山市爆発事故追悼】

▼「原爆と祈り(Atomic bomb and prayer)」Music:Naoki Kanekura

レバノンの爆発事故や福島県郡山市の爆発事故。

今年の7月、8月は爆発事故が目立ちました。
爆発事故は、殆どが自然界が起こすものではなく、人が存在しているからこそ、発生するものだと思います。

1945年8月6日午前8時15分は広島、8月9日午前11時02分は長崎に原子爆弾が投下され、多くの命が奪われました。
被爆者の方の話によれば、原子爆弾の閃光は、肌が透過し、肉眼で骨が見えるほどで、爆発の破壊力は、人の影だけを残し、跡形もなく消え去る恐ろしいものだったそうです。

人間が扱えない力を持ってしまったからこそ起きた惨劇。

物自体には罪はなく、人間の無知ゆえの幼さが多くの命や自然を破壊してしまいます。

●写真参照
Wikipedia

#原爆 #戦争 #爆発

この記事を書いた人

金藏 直樹

作編曲家・ピアニスト/映像クリリエイター/フォトグラファー/DNA心理学
貧しい離婚家庭で育ち、独学で音楽活動を始め、今日に至っています。
【主な作品】舞台『鬼切丸伝(主題歌)』ミュージカル「星の王子さま」「銀河鉄道の夜」映画『それぞれのヒーローたち』