【地球に似た惑星は数十万もある-地球外生命体の存在】天才科学者はこう考える:ジョン・ブロックマン (著)を読んでみて

地球の生物の起源は微生物。
※微生物…摂氏100度で生きれたり、強力な酸の中でも生きれる微生物がいる。

この数十億年の歴史において、私達がいる地球から宇宙へ、何兆もの微生物が送り出されている可能性があるそうです。

現在、私達の銀河系だけでも地球と同じように水分を保有する「スーパーアース」が約10万あるらしく、そのどこかの星で微生物が発見されたら知的生命体が誕生するかもしれません。

更にもし、宇宙に数多くの生命が存在し、複数の起源が存在するとしたら、私達の今の当たり前の価値観はごく小っぽけなものだと感じるでしょう。

そう思うと、私達は宇宙視点で見れば「地球の生命体」という固定概念に縛られているだけなのです。

この記事を書いた人

金藏 直樹

作編曲家・ピアニスト/映像クリリエイター/フォトグラファー/DNA心理学
貧しい離婚家庭で育ち、独学で音楽活動を始め、今日に至っています。
【主な作品】舞台『鬼切丸伝(主題歌)』ミュージカル「星の王子さま」「銀河鉄道の夜」映画『それぞれのヒーローたち』